令和は時刻表が読めない人たちの時代なのか

スポンサーリンク

2019年11月5日に、相模鉄道より2019年11月30日ダイヤ改正後の全線時刻表が公表された。

しかしどの鉄道情報サイトを見ても、新種別が増えたとだけ言って薄い記事の量産祭り。そんなもの書いて誰が続きを読みたいと思うか。

全線時刻表が出てるんだから、毎時本数くらい確認できないのか。

君たちの大好きな昼間なんて、本線快速が復活するは特急が大きく増えているは変わりまくりだぞ?そんなこともわからなくなったのか。

いや、もはや全線時刻表を読める人がいないんじゃない?どうせ乗り換え検索の結果が合ってさえいればいいと思ってるんだろ。時刻表が読めないから運転本数の変更に気づけないのか。

そういう点ではある意味時刻表が読める人が解説している鉄道時刻表ニュースの存在価値が相対的に上がってるのかもしれないけどさ、時刻表を読める人が減っているのが悲しいよ、ほんとに

だって時刻表読めなかったら混んでるとか空いてるとかどのように評価して解決するの?ただ文句ばっかり言ってるクレーマーに終始して何か楽しい?

どうやら令和は時刻表を読めない人たちの時代らしい。残念だけど、時刻表の歴史の終焉も近い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
編集後記
快速++をフォローする
鉄道つれづれ話

コメント

タイトルとURLをコピーしました